バイト辞めるを店長に言うのが怖い…威圧され言いくるめられそうな時

バイトを辞めたいと言ったら威圧してくる店長 生活
スポンサーリンク

バイトを辞めると店長に言うのは勇気がいることはもちろん、威圧的なタイプの店長の場合は怖い気持ちも強くなってしまうものですよね。

店長の怖い性格を知っているならなおさら、バイトを辞めると伝えた時の反応にビクビクしてしまって、なかなかバイトを辞める決意ができないと悩むこともあるでしょう。

浜見
浜見

辞めたい意思は変わらない…でもうまく先延ばしにされそう…

今回はバイトを辞めると店長に伝えるのが怖い、威圧や言いくるめられそうだと感じている際の考え方と、気持ちよく安心にバイト先とさよならするための行動をお伝えしてみたいと思います。

スポンサーリンク

バイトを辞めたいけど店長が怖い…威圧や言いくるめの原因とは?

バイトを辞めたいと店長に言ったけど怖くその威圧や言いくるめの原因はなにか考える当事者

バイトを辞めたいと普段から怖いと感じている店長に伝えるのは、もしかするとあなたに強い言い方をされると尻込みしてしまう、恐怖心でいっそう委縮してしまう、などの繊細な部分があるからなのかもしれません。

浜見
浜見

今まで急なヘルプなんかイヤイヤだったけど断れなくて出てた、そんなワタシだから…

ただ、どんなに怖いタイプの店長であっても、バイトを辞める権利は誰にでもあり、正当な理由を伝えることで、店長に威圧や言いくるめの権利はなくなると言えるのではないでしょうか?

ここではバイトを辞めたいと店長に言うとき、店長の怒り心頭・威圧や言いくるめられてしまいやすいありがちなパターンを参考にしてみましょう。

今日明日で辞めたいと急なお願いをしてしまう

店長の怒り心頭・威圧や言いくるめが起きやすいよくあるパターンは、今日明日の退職を勝手に決めて急なお願いをしてしまうと言うこと。

正社員ほどに責任がそこまでないアルバイトでも、辞めたい旨は1ヶ月以上前に伝えておくことが一般的なルール・マナーでもあります。

今日明日で辞めると伝えてしまうのは、どんなに明確な退職理由があっても店長の怒りや威圧、言いくるめのトラブルが起こりやすいのだと注意しておくようにしましょう。

店長の機嫌を伺い、おどおどとしてしまう

店長が威圧してきたりあなたを言いくるめようとしてしまうのは、おどおどとし過ぎ、店長の機嫌を伺う態度もその原因のひとつ。

威圧的な性格の店長の場合は、おどおどした弱さを見せられると余計に怒りっぽく攻撃的になることもめずらしくはありません。

バイトを辞めるのは決して悪いことではなく、

・迷惑をかけないように自分なりに退職までの仕事を懸命にこなす

・しっかりと引継ぎをしておく

・最低1ヶ月以上前に辞める旨を伝える

などのマナーとルールを守っていれば、店長の威圧や言いくるめはある意味勝手な応対と言っても過言ではないので、毅然とした態度を意識してみてくださいね。

バイト辞めるを店長に言うのが怖い…ラクになる考え方と今後の行動!

バイトを辞めることを店長に言ってラクになって勤務する当事者

バイト辞めるを店長に言うのが怖いのは、あなたの強い責任感が「迷惑をかけてしまうのではないか」と自己嫌悪し、ますます恐怖を感じているからなのかもしれません。

ですがバイト先の店長とは、日々の業務管理ばかりではなく、アルバイトの教育や辞めたいと言われた際の相談・対応をすることも業務のひとつと言えるので、そこまで怖いと感じる必要はないんです。

浜見
浜見

それもそちらさんの仕事のうちでしょ?な、なんてね…

ここからは、店長も納得しやすい辞める際の行動パターンについてお伝えしましょう。

辞める理由を明確にして毅然と伝えよう

バイトを辞める旨を伝える時だけでも店長が怖いという気持ちを気持ちの外に追い出して、バイトを辞める理由をわかりやすく伝えるようにしましょう。

バイトを辞める明確な理由があれば、店長も働き続けてもらうことが難しいと判断し、威圧や言いくるめなどをしてこなくなるはずです。

お詫びの言葉を繰り返し伝えよう

バイトを辞める意思と理由がはっきりしていて、辞める1ヶ月以上前にそれを伝えるとしても、まわりにはそれなりの負担を強いてしまうものですよね。

そのためバイトを辞めると伝える際には、理由を述べる前と述べた後に、

「本当に申し訳ないのですが」

「こちらの都合でご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません」

という感じで、誠心誠意のお詫びを繰り返し伝えるようにしましょう。

店長に迷惑をかけてしまって申し訳ない、という気持ちを言葉と振る舞いで表現できれ、店長の怒りや威圧、言いくるめの未然予防にもつながるはずです。

辞める旨を受け入れてくれた感謝の言葉で締めくくる

怖いタイプの店長なら辞めるのを受け入れてもらえたとしても、嫌味のひとつやふたつ言ってくる可能性もあるかもしれません。

ですがこれにビクビク・おどおどせず、退職を受け入れてもらった時点で、

「これまでお世話になり、ありがとうございました」

「退職までどうぞよろしくお願いします」

と、繰り返し感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

~おわりに~

気持ちも楽になり残り期間しっかりと働こうと決意した当事者

バイト辞めるを伝えるときに店長が怖い思っていても、強い気持ちと意志表示を伝えることで、この悩みは些細なことだったのだと後に振り返られるようになるはず。

バイトを辞めるのは誰にでもある権利であり、バイト先へ過剰な責任を感じて辞めるのをガマンする必要もないので、強い気持ちへの立て直しから始めてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました